県知事選、自民・皆川県議が不出馬を表明


2019年2月に任期満了を迎える山梨県知事選で、自民党山梨県連の一部の県議から立候補を要請されていた県連会長代行の皆川巌県議(73)(甲府市)が12日、不出馬を表明。これまでに要請した県連会長の森屋宏参院議員(61)(山梨選挙区)、宮川典子衆院議員(39)(比例南関東)が不出馬を表明していて、県連としての独自候補の擁立が困難な状態に。

既に、同党の長崎幸太郎元衆院議員(50)が立候補することを表明していて、一部の県議が長崎氏支持を表明。ただ県連は、これまで衆院選山梨2区の公認問題をめぐって長崎氏と対立してきたことから意見が対立。今後、国会議員も交えて対応を協議へ。

知事選をめぐっては、現職の後藤斎氏(61)、元参院議員の米長晴信氏(52)も立候補することを表明している。

スポンサーリンク