世界レスリング、県勢乙黒が金メダル!


レスリングの世界選手権第3日が22日、ハンガリー・ブダペストで開催。山梨県勢は男子フリースタイル65キロ級決勝で乙黒拓斗(笛吹市出身、山梨学院大)はインド選手を破り初優勝。金メダルを獲得。19歳10カ月での世界王者は日本男子最年少記録。同57キロ級3位決定戦で高橋侑希(山梨学院大-ALSOK)はキューバ選手に逆転勝ち。銅メダルを獲得。

スポンサーリンク