県知事選、自民・白壁県議が不出馬を表明


2019年1月10日告示の山梨県知事選で、自民党山梨県連の一部の県議から立候補を要請されていた白壁賢一県議(58)(南都留郡)が23日、不出馬を表明。県連としては、これまでに要請した県連会長の森屋宏参院議員(61)(山梨選挙区)、宮川典子衆院議員(39)(比例南関東)、県連会長代行の皆川巌県議(73)(甲府市)が不出馬を表明している。また既に知事選に立候補を表明し、これまでに衆院選山梨2区の公認問題をめぐって対立してきた長崎幸太郎元衆院議員(50)の同党所属が、和歌山県連から山梨県連入りしたことが明らかに。県連は、27日に開催予定の会合で長崎氏を県連として擁立するか決定へ。

スポンサーリンク