9月の有効求人倍率1.5倍、25年ぶり


山梨労働局が30日、山梨県の労働市場の動きを発表。9月の県内有効求人倍率(季節調整値)は1.50倍で8月より0.03ポイント上昇。1.5倍台になるのは、1992年11月以来25年10カ月ぶり。月間有効求人数は前月より2.3パーセント増の1万8450人。3カ月連続で増加。有効求職者数は前月より0.1パーセント減の1万2292人。

スポンサーリンク