甲府の小学校長パワハラ訴訟で賠償命令!


校長からパワーハラスメント(パワハラ)を受けてうつ病を発症し、精神的苦痛を受けたとして甲府市の小学校教諭、深沢佳人さん(58)が市と県を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、甲府地方裁判所が13日、校長のパワハラを認定し、市と県に約295万円の支払いを命じる判決。パワハラ行為とうつ病の因果関係も認める。

スポンサーリンク