富士北麓公園の改修ミスで県職員7人処分!


2019年のラグビーワールドカップ(W杯)に向けた富士北麓公園球技場(富士吉田市)の改修工事でミスが見つかった問題で、山梨県と県教育委員会が30日、担当職員ら7人を処分。県都市計画課長と同課職員1人を口頭訓告、2017年度の同課長と富士・東部建設事務所職員3人を厳重注意、県教育委員会スポーツ健康課長を口頭注意。全面芝生にする予定だったグラウンドの一部をアスファルト舗装した。

スポンサーリンク