富士学苑高女子バスケ部で体罰が判明!


私立富士学苑高校(富士吉田市緑ヶ丘1丁目)の女子バスケットボール部の男性監督(63)が、部員の女子生徒に体罰を加えていたことが明らかに。2016~2018年度に、練習や練習試合でミスをした複数の部員に、すねや背中を蹴ったり、ボールをぶつけたり、暴言を吐いたりした。同校は2日付で監督を解任し、停職4カ月の懲戒処分。同部は全国高校選手権(ウインターカップ)に23度出場している県内の強豪校。

スポンサーリンク