甲信で高級ワイン盗、愛知の男を起訴!


甲府署が5日までに、盗みの疑いで愛知県豊橋市藤沢町の自称不動産業、五十嵐健夫被告(36)を追起訴。10月3、4日に甲府市や長野県などの酒類販売店5店からワイン29本(計677万円相当)を万引きした疑い。既に10月4日に甲府市内のレストランのワインセラーから「ロマネ・コンティ」など高級ワイン4本(計780万円相当)を万引きしたとして盗みの疑いで逮捕、起訴されている。

スポンサーリンク