昭和町社協着服、元職員の男の初公判!


昭和町社会福祉協議会の口座から現金約211万円を着服したとして、業務上横領の罪に問われた元昭和町社会福祉協議会職員で、南アルプス市藤田の派遣社員、丹沢啓太被告(41)の初公判が4日、甲府地方裁判所で開廷。被告は起訴内容を認める。

スポンサーリンク