中央-南アの新山梨環状で車8台事故!


中央市臼井阿原と南アルプス市鏡中條を結ぶ新山梨環状道路外回りの釜無川大橋で7日午前6時半ごろ、軽乗用車など8台が絡む事故が発生。

笛吹市の40代の女性の軽乗用車が道路左側の壁に衝突する事故が発生。その後、後続の甲府市の20代の男性の軽乗用車が、事故で破損した車の部品を踏み左前輪をパンクする。

午前6時55分ごろには、甲府市の50代の女性の乗用車が中央市の20代の男性の乗用車に追突する事故が発生。女性と男性が軽いケガ。その後、午前7時ごろ、停止していた女性の乗用車に笛吹市の20代の女性の軽乗用車が衝突する事故が発生。

一方、午前6時40分ごろに、甲府市の20代の男性の乗用車が外壁に衝突する事故も発生。

さらに、午前6時45分ごろ、甲府市の30代の女性の軽乗用車が右車線に車線変更した際、中央市の50代男性の軽乗用車に衝突し横転する事故が発生。

現場周辺は路面が凍結し、濃い霧に包まれていた。影響で、田富西ランプ-若草ランプ間が約3時間40分通行止めに。

スポンサーリンク