甲府の弁護士、800万円着服の疑い


山梨県弁護士会に所属する甲府市の平出馨弁護士(80)が訴訟の和解金を顧客に支払わず着服した疑いがあるとして、同会が12日、調査を始めたことが分かる。顧客8人が支払われないことから、同会に調査を依頼。同会は和解金計800万円が支払われず私的に流用した疑いがあるとして、懲戒処分を検討へ。平出弁護士は未払いを認め、借金返済に充てたと説明。

スポンサーリンク