甲府役員襲撃、金丸被告の裁判員裁判開廷


2016年8月に甲府市朝気1丁目の不動産会社役員、若宮利雄さん(当時73)が自宅で襲われて死亡した事件で、強盗致死傷などの罪に問われた甲斐市富竹新田のアルバイト、金丸拓人被告(25)の裁判員裁判が19日、甲府地方裁判所で開廷。金丸被告は起訴内容を大筋で認めたが、「自分は暴行していない」などと述べる。また、2016年11月に長野県南牧村の畑で甲州市大和町初鹿野の会社員、斉藤弥生さん(当時36)の遺体が見つかった殺人事件で強盗予備罪にも問われ、あわせて審理。判決は28日。

スポンサーリンク