大月で元号便乗詐欺、100万円被害!


大月市の80代の女性が1日までに、金融機関の職員などを名乗る男に現金100万円をだまし取られる。2月27日に大月市役所の職員を名乗る男から「医療費の払い戻し手続きがされていない」「金融機関から連絡がいく」などと電話がある。その後、金融機関の職員を名乗る男から「元号が変わるため、キャッシュカードの再発行が必要」などと電話がある。女性は男の話を信じ、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を手渡す。口座から現金100万円が引き出される。

スポンサーリンク