野口杯卓球、男子横塚、女子平野が初V


卓球の第73回野口杯争奪大会兼山梨県選手権最終日が10日、甲府・緑が丘スポーツ公園体育館で開催。男子シングルスは横塚大和(甲府工高)が初、女子シングルスは平野世和(甲府西高)(平野美宇(日本生命)の妹)が初優勝。ラージボールの男子ダブルス129歳以下は田村健治・菊池晃(富士川町体協・甲府ク)、同130歳以上は渡辺正志・田中淳一(富士川町体協・甲府ク)、同140歳以上は渡辺英樹・小尾英光(富士川町体協・芙蓉ク)、女子ダブルス129歳以下は桜沢雅子・井ノ口博子(Nフレンド・花ノ井ク)、同130歳以上は小田切悦子・植松ともえ(芙蓉ク・北杜)、同140歳以上は小林之子・横内澄子(甲府ク)、混合ダブルス129歳以下は米村慶一郎・井ノ口博子(Nフレンド・花ノ井ク)、同130歳以上は西河雅章・桜沢雅子(Nフレンド)、同140歳以上は渡辺正志・小田切悦子(富士川町体協・芙蓉ク)が優勝。

スポンサーリンク