甲州の農園転落事故、経営者を書類送検!


2018年11月に甲州市勝沼町等々力の観光農園でブドウの収穫作業をしていた男性(当時77)が昇降機から転落して死亡した事故で、甲府労働基準監督署が14日、労働安全衛生法違反の疑いで同所の観光農園「一古園」の男性経営者(69)を書類送検。昇降機に手すりや囲いなど、必要な措置をとらなかったとして。

スポンサーリンク