韮崎の住宅強盗致傷事件で男を起訴!


2月に韮崎市中田町中条の住宅に男が押し入り、女性が顔を刃物で切り付けられた強盗致傷事件で、甲府地方検察庁が15日、強盗致傷と銃刀法違反の罪で住居不定の無職、浅川弘樹容疑者(36)を起訴。2月20日午後1時10分ごろ、住宅の玄関で、刃物を女性(65)の顔に突き付けて「金を出せ」などとを脅し、ケガを負わせる。浅川被告は2009年6月に同市内で強盗致傷事件を起こし、懲役9年の有罪判決を受け、2018年秋に出所していた。

スポンサーリンク