山梨&甲州で還付金詐欺、150万円被害


山梨市の80代の女性と甲州市の80代の女性が17日までに、金融機関の職員などを名乗る男にあわせて現金150万円をだまし取られる。山梨市の女性は、16日午前11時半ごろ、市役所職員を名乗る男から「後期高齢者保険の払戻金があり、今日までに手続きをしなければならない。新しいカードに交換しなければ使えない」などと電話がある。女性は男の話を信じ、自宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を手渡す。口座から現金50万円が引き出されていた。甲州市の女性は、同日午後1時50分ごろ、同様の電話があり、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を手渡す。口座から現金計100万円が引き出されていた。

スポンサーリンク