南ア住宅強盗の男ら、静岡でも盗みで起訴


2018年12月に南アルプス市在家塚の住宅で起きた強盗致傷事件に絡み、甲府地方検察庁が18日、静岡県の住宅から現金770万円を盗んだとして、窃みと住居侵入の罪で男4人を起訴。神奈川県相模原市の設備工、久保田諒被告(34)、静岡県焼津市の会社員、田中賢暉被告(25)、静岡県静岡市のとび職、八木涼裕被告(22)、静岡県御前崎市の会社員、前田鷹弥被告(22)の4人。2018年年10月24日午後9時ごろ、静岡県内の住宅に侵入し、現金770万円を盗む。既に、八木、前田両被告は南アルプス市の住宅に侵入し、現金約700万円などを奪ったとして、逮捕起訴されていた。

スポンサーリンク