富士吉田で恒例「胎内祭」

富士吉田市上吉田の吉田胎内神社で29日、恒例の「胎内祭」を開催。富士山の世界文化遺産登録の構成資産の一つ「吉田胎内樹型」にある。同市内の「御師の家」当主でつくる冨士山北口御師団のメンバーや市関係者など約200人が参加。富士講信者が儀式「お焚上げ」を行い、登山の安全や御師団の繁栄を祈願。

スポンサーリンク