南ア住宅強盗致傷事件、新たに男3人逮捕


2018年12月に南アルプス市在家塚の住宅に男が押し入り、現金約700万円とギフト券1000枚(約50万円相当)が奪われた強盗致傷事件で、県警捜査1課と南アルプス署などが10日、新たに男3人を逮捕。逮捕は6人目。強盗致傷と住居侵入の疑いで神奈川県相模原市緑区原宿2丁目の設備工、久保田諒容疑者(34)、静岡県焼津市三ケ名の会社員、田中賢暉容疑者(25)、強盗予備の疑いで静岡県焼津市小土の自称とび職、望月竜也容疑者(20)の3人。久保田、田中両容疑者は、すでに起訴されている男ら3人と共謀して、2018年12月2日夜に南アルプス市在家塚の住宅に押し入り、この家に住む男性(当時55)に暴行を加えて軽傷を負わせ、現金約700万円とギフト券1000枚(約50万円相当)を奪った疑い。望月容疑者は、すでに起訴されている男らと共謀して、2018年11月18日夜に男性宅に侵入し金品を奪う目的で催涙スプレーなどを携帯し準備した疑い。

スポンサーリンク