県議会臨時会、新議長に大柴氏!慣例続く


山梨県議会が14日、改選後初の臨時会を開会。「立候補制」による議長選を実施し、大柴邦彦氏(自民党誠心会・3期目)(北杜)と小越智子氏(共産党・4期目)(甲府)が所信表明。投票の結果、新議長(第128代議長)に大柴邦彦氏が就任。当選3回の自民党議員が議長を務める慣例が続く。副議長は遠藤浩氏(自民党誠心会・3期目)(西八代・南巨摩)になり、最大会派の自民党誠心会が正副議長ポストを独占。

スポンサーリンク