県議選で違反!支援者の男性らを書類送検


山梨県警が、4月7日投開票の山梨県議選上野原・北都留選挙区で初当選した市川正未県議の支援者の80代の男性を公職選挙法違反(買収、買収申し込み)の疑いで書類送検していたことが判明。市内の有権者数十人に市川県議への投票を依頼し、1000円分の商品券を配った疑い。男性は容疑を認める。また、男性の妻も市内の有権者に投票を呼びかけ、商品券を配ったとして公職選挙法違反(買収)の疑いで書類送検。さらに、商品券を受け取った有権者数人も公職選挙法違反(被買収)の疑いで書類送検。

スポンサーリンク