富士急行、90周年で金色の富士山列車

富士急行が22日、富士急行線大月-河口湖駅間で、開業90周年記念車両の運行をスタート。同日は、富士山の世界文化遺産登録決定から6年。外観に金色の富士山が描かれている。カーテンや座席も富士山柄をあしらったデザイン。普通列車で、1日4往復程度運行される。

スポンサーリンク