韮崎強盗致傷、浅川被告に懲役10年求刑


2月に韮崎市中田町の住宅で女性が顔を刃物で切り付けられケガを負った強盗致傷事件で、強盗致傷と銃刀法違反の罪に問われた住居不定の無職、浅川弘樹被告(36)の裁判員裁判の公判が2日、甲府地方裁判所で行われる。検察側は懲役10年を求刑。判決は4日。

スポンサーリンク