道に釘まき車パンク、富士河口湖の男逮捕


富士吉田署が8日、道路交通法違反(道路における禁止行為)と器物損壊の疑いで富士河口湖町勝山の無職、堀内実容疑者(45)を再逮捕。4月23日夜に同町小立の町道に変形させた「くぎ」十数本をまき、軽トラックのタイヤ1本をパンクさせた疑い。容疑を認める。同町内では2014年以降、同様な被害が相次いでいて、関連を捜査へ。既に、自宅で1万円札をカラーコピーして偽札を作ったとして、5月27日に通貨模造取締法違反の疑いで逮捕されていた。

スポンサーリンク