世界カヌー、県勢藤嶋が東京五輪代表に!

2020年東京オリンピック予選を兼ねたカヌー・スプリントの世界選手権最終日が25日、ハンガリー・セゲドで開催。男子カヤックフォア(K-4)500メートルの10~18位決定戦で日本(松下桃太郎、藤嶋大規、水本圭治、宮田悠佑)が3位(全体で12位)となり、アジア最上位で出場権を獲得。日本連盟は五輪代表選考基準で出場枠を獲得した選手を日本代表にすると定めており、4人の東京オリンピック代表が決まる。藤嶋大規(自衛隊)は富士河口湖町出身。2012年のロンドンオリンピックの男子カヤックペア(K-2)200メートルに出場していて、2大会ぶりの出場に。

スポンサーリンク