甲斐で「大弐学問祭」、みこし5基

大弐学問祭が23日、甲斐・山県神社周辺で開催。現在の甲斐市篠原出身で、江戸中期の学者、山県大弐(やまがただいに)をしのび、学問成就を祈願。5基のみこしが参道を練り歩く。約300人が参加。

スポンサーリンク