韮崎で1333万横領、後見人の男を逮捕


未成年後見人として管理していた親族の男性の不動産を無断で売却し、現金約1333万円を横領したとして、韮崎署が23日、業務上横領の疑いで韮崎市竜岡町下条東割の会社員、横森聡容疑者(39)を逮捕。2012年8月1日~2016年6月20日の間、親族の男性の未成年後見人になる。2015年8月に管理を任されていた県内の土地や家屋などの不動産を勝手に売却し、現金1333万4385円を横領した疑い。容疑を一部否認。

スポンサーリンク