富士吉田市立病院訴訟、市の控訴棄却!


富士吉田市立病院の歯科口腔外科でパワハラ行為や診療拒否があったとして、2016年11月に市から懲戒免職処分を受けた歯科医師の大月佳代子さん(61)が市を相手取り処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が30日、東京高等裁判所で行われる。市の処分は裁量権を逸脱しているとして、処分の取り消しを命じた一審(甲府地方裁判所)の判決を支持し、市の控訴を棄却。

スポンサーリンク