甲府で電話詐欺2件、250万円被害!


甲府市の80代の女性2人が30日までに、孫や金融機関の職員などを名乗る男に現金計約250万円をだまし取られる。23日午前10時ごろ、甲府市の女性宅に孫を名乗る男から「書類を紛失したので300万円が必要」などと電話がある。女性は孫と信じて現金200万円を用意し、指定された大月市のJR猿橋駅付近で、会計事務所の職員を名乗る男に現金199万円を手渡す。また28日午後2時ごろ、別の甲府市の女性宅に市役所職員を名乗る男から「還付金がある」などと電話がある。その後、金融機関の職員を名乗る男から「キャッシュカードを新しくする必要があるので、職員が取りに行く」などと電話がある。女性は自宅を訪れた男にカード1枚を渡す。口座から現金約50万円が引き出されていた。

スポンサーリンク