韮崎の豚コレラ、890頭の殺処分が完了


韮崎市の養豚場で豚コレラ(CSF)に感染した豚が確認された問題で、山梨県が17日、全890頭の殺処分を終えたと発表。養豚場の敷地内では、殺処分した豚の埋却作業も始まり、19日までに埋却作業と畜舎の消毒作業を完了する予定。また、同日、県内の養豚施設でワクチン接種も始まる。

スポンサーリンク