大麻栽培で北杜の男を再逮捕、3.8キロ


北杜市内の自宅で大麻草を栽培したとして、北杜署と県警組織犯罪対策課などが18日までに、大麻取締法違反(栽培)の疑いで北杜市小淵沢町上笹尾の自称運送業、白石哲夫容疑者(43)を再逮捕。10月28日に自宅で大麻草7本などを栽培した疑い。容疑を認める。既に10月28日に大麻を含む乾燥植物片を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していた。押収量は計3860グラムで、販売目的の可能性も。

スポンサーリンク