笹子トンネル崩落事故から7年!


大月市と甲州市にまたがる中央自動車道上り線笹子トンネルの天井板崩落事故から2日で7年。2012年12月2日午前8時3分にトンネルの大月側出口から約1.7キロ付近で、コンクリート製の天井板が130メートルにわたり崩れ落ち、車3台が巻き込まれて、あわせて9人が犠牲になる。同日、同市の中央自動車道下り線の初狩パーキングエリアで追悼慰霊式を行う。遺族や友人、中日本高速道路の役員ら約100人が出席。

スポンサーリンク