全日本レスリング、乙黒拓V2で五輪代表

レスリングの全日本選手権第最終日が22日、東京・駒沢体育館で開催。山梨県勢は、男子フリースタイル65キロ級決勝で乙黒拓斗(笛吹市出身、山梨学院大)が中村倫也(博報堂DYスポーツ)を破って2連覇。東京オリンピック代表に決まる。同74キロ級決勝で兄の乙黒圭祐(笛吹市出身、山梨学院大-自衛隊)が高谷大地(自衛隊)を破って2年ぶり2度目の優勝。東京オリンピック代表は2020年2月1日のプレーオフで奥井眞生(自衛隊)と対戦して決まる。同57キロ級決勝で高橋侑希(山梨学院大-ALSOK)は樋口黎(日体大助手)に敗れ2位。4連覇ならず。

スポンサーリンク