未成年後見人横領事件、韮崎の男の初公判


2015年8月に未成年後見人として管理していた親族の男性の不動産を無断で売却し、現金約1282万円を横領したとして、業務上横領の罪に問われた韮崎市竜岡町下条東割の会社員、横森聡被告(39)の初公判が23日、甲府地方裁判所で行われる。被告は起訴内容を認める。

スポンサーリンク