笛吹てんかん死傷事故、男に懲役4年判決


2018年5月に笛吹市石和町小石和の県道で男が運転中に持病のてんかんの発作を起こして3人を死傷させた事故で、甲府地方裁判所が16日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道路交通法違反(質問票虚偽記載)の罪に問われた笛吹市八代町の無職、井上馨被告(72)に懲役4年の実刑判決。検察側は懲役7年を求刑していた。

スポンサーリンク