前期入試過去最低1.02倍、1750人


県内公立高校入試の前期試験(自己推薦)の出願が21日締め切り。甲府商を含む全日制26校。総定員1711人に対し1750人が出願。平均倍率は1.02倍で前年より0.13ポイント下がる。2007年の前期試験導入以降、過去最低に。最高倍率は吉田の理数科で1.83倍。4月に市川、増穂商、峡南の3校が統合して開校する青洲(せいしゅう)は0.99倍。試験は1月30、31日。合格内定は2月7日。

スポンサーリンク