身延・中部横断道で労災事故、男性死亡!


身延町下八木沢の中部横断自動車道の工事現場で21日午前11時半ごろ、労災事故が発生。高所作業車のバケットに乗りトンネル出入り口付近で防水シートを貼る作業をしていた男性が、バケットとトンネルの天井の間に頭を挟まれる。男性は病院に搬送されたが死亡が確認される。秋田県横手市の会社員、高橋篤さん(64)。高橋さんがバケットを操縦していて、操作を誤ったとみて事故原因を捜査へ。

スポンサーリンク