富士吉田殺人未遂、弟に懲役3年判決!


2019年7月に富士吉田市内の自宅で男性が同居する弟に包丁で切り付けられケガを負った殺人未遂事件の裁判員裁判で、甲府地方裁判所が24日、殺人未遂の罪に問われた富士吉田市富士見1丁目の無職、羽田常雄被告(45)に懲役3年の実刑判決。検察側は懲役5年を求刑していた。

スポンサーリンク