山梨県、新型感染が疑われる目安を見直し

山梨県が13日、新型コロナウイルス感染者の早期発見のため、感染が疑われる人が保健所へ相談する際の目安を見直す。これまでは「37.5度以上の発熱が4日以上、高齢者や基礎疾患を有する場合は2日以上」としていたが、目安にとらわれず、症状に応じて柔軟に対応へ。

スポンサーリンク