大月・笹一酒造、消毒液代用可な飲料販売

新型コロナウイルス感染拡大で消毒液が不足していることを受け、「笹一酒造」(大月市笹子町)が21日、消毒液として使用できるアルコール飲料「笹一アルコール77」を販売開始。日本酒の製造で使う醸造アルコールを使い、消毒用エタノールとほぼ同じ成分で、手指消毒に使用できる。アルコール度数77パーセント。500ミリリットル入り1320円。売り上げの一部が新型コロナウイルス対策の取り組みに寄付される。

スポンサーリンク