濃厚接触者定義見直し、山梨県も再調査へ

厚生労働省が所管する国立感染症研究所が20日、新型コロナウイルス感染症の患者との「濃厚接触者」の定義を見直し公表。「症状が出る2日前から隔離開始までの間、1メートル程度までの距離で、マスクなど必要な予防策を取らずに15分以上接触した人」に改めた。これまでは「発症日以降から」「2メートル程度まで」だった。クラスター(感染集団)対策を強化するため厳格化。厚生労働省が21日、都道府県に通知し、山梨県も新しい定義で再調査へ。

スポンサーリンク