天皇杯サッカー、J2甲府は出場なしに!

日本サッカー協会が23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第100回天皇杯全日本選手権の大会方式変更を決める。開幕は5月23日から9月16日に延期。参加チームを88から50に縮小。Jリーグ勢は今季のJ1上位2チームのみが出場になり、J2のヴァンフォーレ甲府は出場なしに。山梨県代表は、感染拡大を受けて代表決定戦が行われず、2019年度1部リーグ1位の山梨学院大ペガサスが出場する。

スポンサーリンク