55例目女性、感染発覚後にバスで東京戻る


山梨県が3日、新型コロナウイルスに感染した県内55例目の20代女性(東京から帰省)の行動歴について、その後の調査で内容が異なっていたとして訂正。5月1日に帰国者・接触者相談センターに相談後、高速バス(午後7時40分、山中湖旭日丘発バスタ新宿行、京王バス)で東京の自宅に帰宅したとしていたが、実際は、翌2日に高速バス(午前9時25分、山中湖旭日丘発バスタ新宿行き、京王バス)で東京の自宅に帰宅していた。女性は、県からPCR検査で陽性だったことを通知された後、高速バスで戻っていた。同じバスに乗り、健康状態に不安がある人は、最寄りの保健所に相談へ。県は引き続き女性の行動歴と濃厚接触者を調査へ。

スポンサーリンク