甲府出身の力士、勝武士がコロナで死去!

日本相撲協会が13日、甲府市出身の三段目、勝武士(しょうぶし)(本名末武清孝・高田川部屋)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったと発表。28歳。4月8日から都内の病院に入院していた。力士が新型コロナウイルスに感染して亡くなったのは初めて。甲斐・竜王中学校柔道部出身で、竜電(甲府市出身・高田川部屋)の1年後輩。

スポンサーリンク