日銀、県内景気はコロナで悪化続いている

日銀甲府支店が10日、6月の山梨県金融経済概観を発表。「県内景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、一段と悪化した状態が続いている。」と判断。5月と同じ判断に据え置く。個人消費は「足もと下げ止まりの動きもみられるものの、新型コロナウイルス感染症による深刻な影響が続き、大幅に減少した状態となっている。」で判断を据え置く。生産は「新型コロナウイルス感染症の影響により、弱い動きが続いている。」で判断を据え置く。

スポンサーリンク