感染86例目30代男性の行動歴&接触者

甲府市が25日、新型コロナウイルスに感染した県内86例目の30代男性の行動歴と濃厚接触者の把握状況を発表。男性は消防署勤務(甲府地区消防本部南消防署管内)で、居住地は甲府市。県内81例目の20代男性(甲府地区消防本部南消防署管内の消防隊員)の同僚だが、男性の濃厚接触者ではなかった。12、13日は自宅で過ごす。14日は発熱の症状が出て、市内医療機関を受診。15~17日は自宅で療養。15日は発熱、鼻汁、痰(たん)の症状。16日は発熱。17~24日は症状なし。18日は勤務。19日は自宅で過ごす。20日は勤務。21日は自宅で過ごす。22日は勤務。23日は自宅で過ごす。24日は保健所の調査により過去に症状があったため、帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査で陽性が判明。25日は自宅で静養し、健康観察。同居家族1人を濃厚接触者と特定し、PCR検査で陰性を確認。同署では署員5人(県内81例目、83例目、84例目、85例目、86例目)が感染し、「クラスター(感染者集団)」の発生に。

スポンサーリンク