136例目の20代男性の行動歴&接触者

甲府市が14日、新型コロナウイルスに感染した県内136例目の20代男性の行動歴と濃厚接触者の把握状況を発表。男性は会社員(勤務地は甲府市を除く中北地域)で、居住地は甲府市。10日は勤務。11日は休日で、知人2人と市内飲食店で会食。12日は他の疾患で市内医療機関Aを受診。午後から発熱、倦怠感(けんたいかん)の症状が出る。13日は朝から発熱で、市内医療機関Bを受診。医療機関から帰国者・接触者相談センターに相談後、当該医療機関にてPCR検査を実施し、陽性が判明。発症前2週間以内に東海地方へ車での往来あり。同居家族4人と、マスクなしで会話した会社同僚2人、会食をした知人2人の計8人を濃厚接触者と特定し、PCR検査を実施。現時点で、知人2人の陽性を確認。県内137例目の20代女性、138例目の20代男性に。

スポンサーリンク