山梨県、発熱などの相談体制を変更!


山梨県が1日、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、発熱患者が受診する際の手順を変更。発熱患者は、かかりつけ医などの地域の医療機関に直接電話で相談し、紹介先で診療、検査を受ける。かかりつけ医がない場合や夜間・休日などの場合は、新設する「受診・相談センター」(これまでの帰国者・接触者相談センターに相当)に相談する。