都留信用組合、職員1人が感染

都留信用組合が13日、職員1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表。本店営業部(富士吉田市下吉田2丁目)に勤務している男性職員。12日に判明。店舗の客に(濃厚)接触者はなし。店舗は13日に消毒を完了し、通常営業に。

スポンサーリンク